銀歯を白くして自然な笑顔を取り戻しませんか?
~デジタル歯科・ホワイトニング~

  • 銀歯を白くして自然な笑顔を取り戻しませんか?~デジタル歯科~
  • 銀歯を白くして自然な笑顔を取り戻しませんか?~デジタル歯科~

銀歯を白くして自然な笑顔を取り戻しませんか?~デジタル歯科~

デジタル歯科とは、口腔内スキャナーやCAD/CAMを使った、低侵襲な歯科治療の総称です。

口腔内スキャナーによる直接のデータ採取で従来の型どりは不要です。また、CAD/CAMによる高精度、高速度、高清潔な治療が可能です。さらに、セラミックスを使用する事でに最適です。

こちらでは練馬区土支田の歯医者、つきおか歯科医院が、セラミックを用いるデジタル歯科治療についてご紹介します。当院では見た目を美しくするだけでなく、咬み合わせなどの機能性も十分にふまえた治療をご提供しておりますので、安心してご相談ください。

また、歯の黄ばみや変色を改善するホワイトニングについてもご紹介いたします。

銀歯のリスクについて

実は銀歯には、「目立つ」ということだけでなくさまざまなリスクを持っています。セラミックを用いるデジタル歯科治療では、これらのリスクをなくすことができます。

銀歯のリスクについて

デジタル歯科 CAD/CAMとは――

―当院はセレックを導入しています―

当院はセレックを導入しています

当院では、セラミックの詰めもの・被せものなどの補てつ物の製作のために、スイスから来た「セレック」を導入しています。セレックとは、まず歯型を採取したデータを元に、コンピュータ制御によって精密に補てつ物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。

当院はセレックを導入しています

当院はセレックを導入しています

お口の中の情報を直接口腔内カメラで撮影しコンピュータ上で、さまざまな角度から補てつ物を確認して設計できることで、高精度な仕上がりが可能になるうえ、外部の歯科技工所に製作を依頼する必要がないため、スピーディな治療が実現します。また、従来の型どりは不要です。

取り扱い素材について

ジルコニアボンドセラミックス
ジルコニアセラミックス セラミックだけを素材としてつくられた詰めもの・被せものです。歯の自然な白さと透明感を再現でき、治療の痕をわからなくすることができます。金属を使用しないため、アレルギーの心配もありません。
ジルコニア
ジルコニア セラミックの中でももっとも硬いといわれるジルコニアは、人工ダイヤモンドの素材にもなる、美しさと強さに秀でた素材です。また耐久性が高く、金属アレルギーの心配も不要です。
シリカアルミナ
シリカアルミナ ニケイ酸リチウムガラスを主成分とした歯科セラミック素材です。白さや透明感の再現性に優れているうえに、歯に近い適度な硬さを持つため、咬み合わせの強い方に適しています。金属アレルギーの心配も不要です。
メタルボンド
メタルボンド 金属のフレームの表面にセラミックの板を焼き付けた被せものです。金属の強さとセラミックの美しさを兼ねそなえており、咬む力の強い奥歯にも適しています。

白く輝く美しい口元へ~ホワイトニング~

白く輝く美しい口元へ~ホワイトニング~

歯の色は、飲食物に含まれる強い色素や喫煙などの影響、また加齢によって徐々に黄ばんでいきます。そのため、「こんな色じゃなかったのに……」と歯の色のことで悩んでいる方は少なくありません。そこでおすすめするのが、ホワイトニングです。

こちらでは光が丘の歯医者、つきおか歯科医院が、ホワイトニングについてご紹介します。ブラッシングでは落とせない歯の黄ばみ、ホワイトニングで白くきれいにしませんか?

歯が変色してしまう原因

歯が変色するのには、「外因性」と「内因性」の原因があります。

外因性の原因 内因性の原因
  • 色素の強い飲食物の摂取

コーヒー、紅茶などのお茶、赤ワイン、カレー、ソース、チョコレート、ベリー系の果物 など

  • 喫煙習慣

タバコのヤニ

  • 加齢

歯の表面のエナメル質が徐々に薄くなり、その内側にある、もともと黄色味の強い象牙質がすけてみえ、黄ばんだように見えます。

  • 抗生物質・フッ素の摂取

胎児のときに母親が、特定の抗生物質やフッ素を多く摂取すると、生まれつき歯に変色が起こることがあります。

当院のホワイトニング 

  • 当院のホワイトニング
  • 当院のホワイトニング

当院では、アメリカで大変ポピュラーなホームホワイトニングシステム「NITE ホワイト・エクセル」を採用しています。初めに歯科医院で歯型を採り、個人専用のマウストレーを作製。それにご自宅で専用のホワイトニングジェルを注入して、毎日一定時間装着して歯を白くします。

ホワイトニングジェルは低濃度で刺激も少なく、安全に処置することが可能です。効果が得られるまで、継続することが必要ですが、白さが長続きするというメリットをも持っています。